全国大会

2013年秋季大会
9月21日(土) 午前の部
午後の部
9月22日(日) 午前の部
午後の部

プログラム 第1日 9月21日(土)

午前の部

受付開始 一橋大学 東山キャンパス 経済学研究科講義棟1F  9:30 ~

1.震災復興金融パネル <10:00-12:00>  

カンファレンスホール
テーマ:震災時の中小企業金融
座長 東北福祉大学 鴨池  治 氏

(1)Trading Partners and Firm Location Choice: Evidence from the Great East-Japan Earthquake報告者:みずほ総合研究所 小野 有人 氏
(2)東日本大震災と企業の二重債務問題報告者:東北大学 西山 慎一 氏
(3)支援現場からみた復興金融報告者:東日本大震災事業者再生支援機構 荒波 辰也 氏
討論者:日本経済研究センター 増島 雄樹 氏
神戸大学 地主 敏樹 氏
2.自由論題 <10:00-12:00> 

経済学部 第一講義室
セッション: 国際金融1
座長:学習院大学 村瀬 英彰 氏

(1)対外直接投資の収益性の課題――新興国での良質な案件生成が鍵報告者:内閣府 加藤 卓生 氏
討論者:成蹊大学 永野  護 氏
(2)Hot Money Flow, Money Supply, Credit and Residential Property Prices in China報告者:武蔵大学 大野 早苗 氏
法政大学 胥   鵬 氏
討論者:一橋大学 塩路 悦朗 氏
(3)Prudential Capital Controls: The Impact of Different Collateral Constraint Assumptions報告者:京都大学 敦賀 貴之 氏
日本銀行 片桐  満 氏
日本銀行 加藤  涼 氏
討論者:神戸大学 北野 重人 氏

経済学部 第二講義室
セッション:国際金融2
座長:関西大学 髙屋 定美 氏

(1)The Spillover Analysis of the African Stock Markets in the Crisis Period報告者:滋賀大学 吉田 裕司 氏
甲南大学 杉本 喜美子 氏
大阪学院大学 松木  隆 氏
討論者:筑波大学 永易  淳 氏
(2)ドル化政策実施国における中央銀行の役割と機能報告者:東海大学 木下 直俊 氏
立正大学 林  康史 氏
討論者:立命館大学 大田 英明 氏
(3)2000年代の金融危機と外国為替相場の変動――日本円と韓国ウォン相場の非対称性を中心に報告者:龍谷大学 竹中 正治 氏
国際通貨研究所 佐久間 浩司 氏
討論者:長崎大学 須齋 正幸 氏

法学部 第一講義室
セッション:企業金融
座長:近畿大学 安孫子 勇一 氏

(1)ファミリー企業と資本構成報告者:一橋大学大学院 太宰 北斗 氏
討論者:京都産業大学 福田 充男 氏
(2)資本構成の調整手段に関する研究――日本の上場企業のデータをもとに報告者:日本政策投資銀行 岡本 弦一郎 氏
討論者:慶應義塾大学 辻  幸民 氏
(3)目標負債比率の決定要因と調整速度――負債比率の部分調整モデルを用いた分析報告者:慶應義塾大学 富田 信太郎 氏
討論者:一橋大学 花崎 正晴 氏

法学部 第三講義室
セッション:パーソナル・ファイナンス
座長:名城大学 前田 真一郎 氏

(1)The Impact of Public Insurance on Private Insurance Demand: Is Private Insurance a Normal Good?報告者:長崎大学 大倉 真人 氏
討論者:明治大学 浅井 義裕 氏
(2)米国の高等教育資金形成制度の概要と日本への示唆報告者:野村資本市場研究所 宮本 佐知子 氏
討論者:札幌大学 飯田 隆雄 氏
(3)金融知識の情報源報告者:大東文化大学 郡司 大志 氏
討論者:一橋大学 祝迫 得夫 氏
3. 昼食<12:00~13:20>

午後の部

4. 国際金融パネル<13:00~15:00>

カンファレンスホール
テーマ:国際資金フローと世界金融危機
座長:神戸大学 藤田 誠一 氏

(1)国際資金フロー・欧州金融機関・金融危機報告者:神戸大学 松林 洋一 氏
神戸大学 藤田 誠一 氏
神戸大学 北野 重人 氏
(2)金融危機とベイルアウト報告者:BNPパリバ証券 中空 麻奈 氏
(3)金融危機と信用外部性報告者:日本銀行 加藤  涼 氏
5. 自由論題  <13:00~15:00>

経済学部 第一講義室
セッション:金融政策1
座長:神戸大学 小林 照義 氏

(1)Active Policy Rule versus Ineffective Monetary Policy: TVP-VAR Analysis of Chinese Monetary Policy from 1994 to 2012報告者:一橋大学大学院 劉   佳 氏
討論者:東京大学 小枝 淳子 氏
(2)A Regime-Switching SVAR Analysis of Zero Interest Rate Policy報告者:東京大学 小枝 淳子 氏
一橋大学 林  文夫 氏
討論者:関西大学 本多 佑三 氏
(3)The Effects of Commodity Price Shocks and Systematic Monetary Policy in Developed Countries報告者:京都大学大学院 関根 篤史 氏
討論者:神戸大学 柴本 昌彦 氏

経済学部 第二講義室
セッション:地域金融
座長:中央大学 根本 忠宣 氏

(1)地域金融機関の店舗展開が地元企業に与える影響――北海道における信用金庫の事例の検証報告者:釧路公立大学 尾崎 泰文 氏
立命館大学 播磨谷 浩三 氏
討論者:早稲田大学 小倉 義明 氏
(2)預金市場の競争度と市場規律報告者:鹿児島大学 永田 邦和 氏
討論者:愛知学院大学 近藤 万峰 氏
(3)リレーションシップバンキングと中小企業融資の活性化――日本と中国の比較報告者:神戸大学大学院 劉  亜静 氏
討論者:みずほ総合研究所 小野 有人 氏

法学部 第一講義室
セッション:各国金融
座長:南山大学 荒井 好和 氏

(1)インドネシアにおけるインフラ金融と邦銀――ネットワーク分析による観察報告者:山形大学 山口 昌樹 氏
討論者:松山大学 西尾 圭一郎 氏
(2)中国における非主流金融の拡大と中小企業報告者:麗澤大学 陳  玉雄 氏
討論者:近畿大学 山上 秀文 氏
(3)カンボジア銀行業の効率性の決定要因――2段階DEAによる効率性の計測報告者:一橋大学 奥田 英信 氏
一橋大学大学院 相場 大樹 氏
討論者:立命館大学 播磨谷 浩三 氏

法学部 第三講義室
セッション:マクロ経済分析
座長:山口大学 兵藤  隆 氏

(1)Long-run Analysis on Convergence of Japanese Local Price Levels: a Pairwise Approach報告者:駿河台大学 池野 秀弘 氏
討論者:筑波大学 永易  淳 氏
(2)Oil Consumption and Macroeconomic Activity in Japan報告者:中京大学 英  邦広 氏
討論者:広島大学 千田  隆 氏
(3)Fiscal Policy under Staggered Loan Contract報告者:東海大学 平賀 一希 氏
日本経済研究センター 高野 哲彰 氏
討論者:慶應義塾大学 寺西 勇生 氏
6.特別講演  <15:10~16:10>

カンファレンスホール
座長 名古屋大学 金井 雄一 氏

信用組合の課題と全国信用協同組合連合会(全信組連)の今後の役割講演者
全国信用協同組合連合会理事長 内藤 純一 氏
7.会長講演  <16:15~17:15>

カンファレンスホール
座長:名古屋大学 金井 雄一 氏

市場の均衡および不均衡における信用創造と貨幣供給
―― 閉鎖経済と開放経済 ――
講演者
同志社大学 藤原 秀夫 氏
8.会員総会  <17:20~18:00>

カンファレンスホール

9.懇親会  <18:15~20:15>

会場  南部食堂

プログラム 第2日 9月22日(日)

名古屋大学 東山キャンパス 経済学研究科講義棟1F  9:00 ~

10. 特別セッション  < 9:30 ~ 11:30 >

カンファレンスホール
テーマ:アベノミクス
座長:東京福祉大学 水谷 研治 氏

(1)異次元緩和の有効性報告者:関西大学 本多 佑三 氏
(2)アベノミクスの3つの誤り報告者:慶應義塾大学 小幡  績 氏
(3)アベノミクスに対する市場の見方報告者:ニッセイ基礎研究所 矢嶋 康次 氏
討論者:神戸大学 地主 敏樹 氏
11.自由論題  < 9:30 ~ 11:30 >

経済学部 第一講義室
セッション:国際金融3
座長:東京経済大学 熊本 方雄 氏

(1)単位根及び共和分検定による東アジア諸国通貨の定常性分析報告者:一橋大学大学院 王  志乾 氏
討論者:東洋大学 川﨑 健太郎 氏
(2)Time Varying Pass-through: Will the Yen Depreciation Help Japan Hit the Inflation Target?報告者:一橋大学 塩路 悦朗 氏
討論者:成蹊大学 大野 正智 氏
(3)中国経済の拡大とアジア経済への波及――Global VARモデルを用いた応用分析の一例報告者:国際協力銀行 大重  斉 氏
討論者:武蔵大学 大野 早苗 氏

経済学部 第二講義室
セッション:金融史
座長:名古屋市立大学 横山 和輝 氏

(1)廃止された郵便貯金――アメリカの再検証
*第1報告は中止になりました。開始は 10時10分 となります。
報告者:岡山大学 西垣 鳴人 氏
討論者:中京大学 由里 宗之 氏
(2)トルーマン政権期の金融政策――財務省統制下における連邦準備の政策運営報告者:慶應義塾大学大学院 土橋 康人 氏
討論者:松山大学 掛下 達郎 氏
(3)準備通貨ポンドの凋落とスターリング協定報告者:名古屋大学 金井 雄一 氏
討論者:早稲田大学 矢後 和彦 氏

法学部 第一講義室
セッション:金融政策2
座長:広島大学 千田  隆 氏

(1)Asymmetric Forecasting in Real-time Learning and the Taylor Rule報告者:久留米大学 池田 太郎 氏
討論者:神戸大学 小林 照義 氏
(2)Nominal Idiosyncratic Shocks and Optimal Monetary Policy報告者:神奈川大学 大滝 英生 氏
討論者:明星大学 盛本 圭一 氏
(3)The Non-negative Constraint on Nominal Interest Rate and the Effects of Monetary Policy報告者:神戸大学大学院 蓮井 康平 氏
討論者:慶應義塾大学 寺西 勇生 氏

法学部 第三講義室
セッション:市場分析
座長:愛知学院大学 内田  滋 氏

(1)An Investigation of Housing Affordability in the UK報告者:筑波大学 永易  淳 氏
University of Stirling Alberto Montegnoli 氏
討論者:武蔵大学 大野 早苗 氏
(2)Market Liquidity and Bank-dominated Corporate Governance: Evidence from Japan報告者:名古屋市立大学 坂和 秀晃 氏
釧路公立大学 生方 雅人 氏
立命館大学 渡辺 直樹 氏
討論者:関西学院大学 阿萬 弘行 氏
(3)取引所の総合化――商品先物の視点から報告者:ドットコモディティ 車田 直昭 氏
立正大学 林  康史 氏
討論者:慶應義塾大学 池尾 和人 氏
12.昼食  <11:30~12:30>
13.共通論題  <12:30~15:30>

カンファレンスホール
テーマ:1932年日銀引受国債発行はどのようにして始まり、終わったのか?
座長:法政大学 靎見 誠良 氏

(1)静寂な始まりは何を意味したのか?――1932年における国債発行方式の転換プロセス報告者:甲南大学 永廣  顕 氏
(2)「国債消化力」はどのように認識され拡充されたのか?――国債引受シンジケート銀行と売りオペ報告者:麗澤大学 佐藤 政則 氏
(3)戦後財政金融のありかたをどのように規定したのか?――戦時国債と戦後ハイパー・インフレ報告者:大妻女子大学 伊藤 正直 氏
討論者:関西学院大学 春井 久志 氏
明治大学 須藤  功 氏
成城大学 浅井 良夫 氏
プログラム委員会

栗原 裕(愛知大学、委員長)
安孫子勇 一(近畿大学)
荒井好和(南山大学)
内田 滋(愛知学院大学)
金井雄一(名古屋大学)
北野重人(神戸大学)
小林 毅(中京大学)
櫻川昌哉(慶應義塾大学)
佐藤政則(麗澤大学)
髙屋定美(関西大学)
千田 隆(広島大学)
地主敏樹(神戸大学)
西山慎一(東北大学)
根本忠宣(中央大学)
林 康史(立正大学)
藤田誠一(神戸大学)
兵藤 隆(山口大学)
前田真一郎(名城大学)
村瀬英彰(学習院大学)
矢野順治(広島大学)
家森信善(名古屋大学)
横山和輝(名古屋市立大学)

準備委員会

  • 金井雄一(委員長)
  • 家森信善(副委員長)
    • 浅井義裕
    • 石坂綾子
    • 伊藤カンナ
    • 打田 委千弘
    • 古賀大介
    • 近藤万峰
    • 高久賢也
    • 冨村 圭
    • 橋本理博

名古屋大学(東山キャンパス)

名古屋大学(東山キャンパス)アクセスマップ

JR名古屋駅・名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅からのルート

地下鉄名古屋駅(東山線)→地下鉄本山駅(名城線へ乗換)→地下鉄名古屋大学駅

地下鉄名古屋駅では、藤が丘行に乗車し、本山駅で下車してください。本山駅では名城線に乗り換え、名城線右回り(八事方面)の列車に乗車して次の名古屋大学駅で下車してください。名古屋駅から名古屋大学駅までの所要時間はおよそ45分です。東山線は5分間隔で、名城線は10分間隔で運行しています。

地下鉄名古屋大学駅→名古屋大学経済学部

  • 地下鉄駅の1番出口をご利用ください。出口のエスカレータを上ると、右前方にある最寄りの建物が名古屋大学経済学部です。