全国大会

2006年秋季大会
9月9日(土) 午前の部
午後の部
9月10日(日) 午前の部
午後の部

プログラム 第1日 9月9日(土)

午前の部

1.自由論題 <9:30-11:30> 

A会場 (4号館1階160教室) セッション:国際金融 (Ⅰ)
座長:神戸大学 藤田 誠一 氏

(1)ユーロ決済システムの改革とEU各国の対応および「単一ユーロ決済地域」計画  報告者:東北大学大学院 太田 瑞希子 氏
討論者:九州大学 岩田 健治 氏
(2)グリーンスパン-ドル危機を封印した男:Greenback backs Greenspan’back報告者:佐賀大学 米倉 茂 氏
討論者:熊本学園大学 岡本 眞也 氏
(3)「債券」と「株式」のセットでさらに発展するアジア金融・証券市場-戦略的アジア金融システム政策-報告者:三菱東京UFJ銀行 宿輪 純一 氏
討論者:近畿大学 山上 秀文 氏

B会場 (3号館1階104教室) セッション:金融史
座長:麗澤大学 佐藤 政則 氏

(1)4カ国占領とフランクフルト金融市場の復活報告者:北星学園大学 山口 博教 氏
討論者:慶應義塾大学 赤川 元章 氏
(2)日本の少数株主保護法制と所有構造の進化-戦前における少数株主保護の不在と株式分散-報告者:早稲田大学 宮島 英昭 氏、
早稲田大学 尾身 裕介 氏
討論者:名古屋市立大学 横山 和輝 氏

C会場 (3号館1階105教室) セッション:金融機関 (Ⅰ)
座長:早稲田大学 晝間 文彦 氏

(1)預金契約と銀行の事前審査:金融仲介機能の考察報告者:東北大学大学院 石田 裕貴 氏
討論者:鹿児島大学 永田 邦和 氏
(2)Financial Institutions and Economic Growth報告者:広島大学大学院 山根 智沙子 氏
討論者:弘前大学 山本 康裕 氏
(3)信用金庫・信用組合の債務超過に関する分析-資産と資本と債務超過の関係を考察する-報告者:関西学院大学大学院 大塚 茂晃 氏
討論者:横浜市立大学 藤野 次雄 氏

D会場 (3号館2階211教室) セッション:各国金融 (Ⅰ)
座長:一橋大学 小川英治 氏

(1)家計の形態別消費支出データを用いたライフサイクル・恒常所得仮説の検証報告者:青山学院大学大学院 後藤 智弘 氏
討論者:小樽商科大学 渋谷 浩 氏
(2)世界各国に見るCPIレベル=インフレーションに関する分析と総合-20~21C.両世紀に跨る
   マクロ的変遷状況と日銀金利政策の独自性-
報告者:イオンド大学 清水 徹 氏
討論者:福島学院大学 下平尾 勲 氏

E会場 (3号館2階213教室) セッション:企業金融・ファイナンス (Ⅰ)
座長:一橋大学 釜江廣志 氏

(1)日本の株式市場の予測可能性報告者:一橋大学大学院 青野 幸平 氏
討論者:北星学園大学 皆木 健男 氏
(2)完全子会社化の実証分析報告者:長崎大学 阿萬 弘行 氏
討論者:早稲田大学 蟻川 靖浩 氏
(3)転換社債発行のアナウンスメント効果-転換価格修正条項の意味-  報告者:横浜国立大学大学院 土村 宜明 氏、
オウル大学 山田 聖子 氏
討論者:長崎大学 須齋 正幸 氏
2.会長講演 <11:40-12:40>

A会場  (4号館1階160教室)

「日本の金融市場:変貌と課題」講演者
日本金融学会会長 清水啓典 氏
3.昼食<12:40~13:40>

午後の部

4.中央銀行パネル <13:40~16:00>

B会場 (3号館1階104教室)
わが国の金融システム安定化の社会的コスト

座長:関西学院大学 春井久志 氏

(1)わが国の金融システム安定化の社会的コスト報告者:ドイツ證券シニアエコノミスト 安達 誠司 氏
(2)金融システムの安定化と銀行の信用の毀損報告者:桃山学院大学 中野 瑞彦 氏
(3)強固な金融システム確立に向けた諸課題報告者:日本総合研究所 足立 茂 氏
(4)預金保険の視点から見た金融危機のコスト分析報告者:預金保険機構理事長 永田 俊一 氏
(5)過剰債務の解消課程と再分配効果報告者:慶應義塾大学 池尾 和人 氏
5.自由論題 <13:40~15:40>

A会場 (4号館1階160教室) セッション:国際金融 (Ⅱ)
座長:東京大学 福田慎一 氏

(1)Volatility Impulse Response Function of Exchange Rate to Foreign Exchange Intervention Shock報告者:神戸大学大学院 星河 武志 氏
討論者:
筑波大学 永易 淳 氏
(2)1980年代後半期の為替調整における公的介入の即効的な効果-観測介入と口先介入の比較-報告者:日本大学 小巻 泰之 氏
討論者:
一橋大学 小川 英治 氏
(3)Enhancing Portfolio Capital Flows in Asia報告者:慶應義塾大学 吉野 直行 氏、
金融庁 飯島 高雄 氏
討論者:
東京大学 福田 慎一 氏

C会場  (3号館1階105教室) セッション:金融機関 (Ⅱ)
座長:長崎大学 内田滋 氏

(1)わが国銀行部門のオーバーバンキング問題について報告者:
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 杉山 敏啓 氏
討論者:
早稲田大学 蟻川 靖浩 氏
(2)SME financing and the choice of lending technology報告者:
和歌山大学 内田 浩史 氏、
インディアナ大学 Gregory F. Udell 氏、
名古屋大学 家森 信善 氏
討論者:
みずほ総合研究所 小野 有人 氏
(3)邦銀のイノベーションと銀行経営の陰-住友銀行に見るイノベーターの栄光と挫折-報告者:
信州大学 鈴木 智弘 氏
討論者:
東北大学 鴨池 治 氏

D会場 (3号館2階211教室) セッション:中国の金融
座長:福島学院大学 下平尾 勲 氏

(1)The Bank Lending  Channel in China報告者:
東京国際大学 郡司 大志 氏、
法政大学大学院 袁 媛 氏
討論者:
大阪大学 本多 佑三 氏
(2)Labyrinth of Chinese financial system報告者:
国際金融情報センター 中井 浩之 氏
討論者:
早稲田大学 首藤 惠 氏
(3)中国における家計貯蓄の動向-地域的特徴と貯蓄動機報告者:
玉川大学 古島 義雄 氏
討論者:
一橋大学 奥田 英信 氏

E会場  (3号館2階213教室) セッション:金融政策 (Ⅰ)  
座長:大東文化大学 高山 洋一 氏

(1)User cost of interest-bearing money and its importance in money demand function報告者:
神戸大学大学院 稲垣 一之 氏
討論者:
東京経済大学 熊本 方雄 氏
(2)銀行部門の自己資本比率の変動は景気循環に影響を与えたのか?  
-日本における県別パネルデータを用いた分析
報告者:
京都大学 石川 大輔 氏
討論者:
神戸大学 宮尾 龍蔵 氏
6.特別講演 <16:10~17:10>

A会場  (4号館1階160教室)
座長:広島大学 千田隆 氏

「バブル崩壊以降の破綻処理政策の彷徨-事前行政と事後行政-」講演者
早稲田大学大学院アジア太平洋 研究科長
西村 吉正 氏
7.総会 <16:10~17:10>

A会場  (4号館1階160教室)

8.懇親会 <18:00~  >

会場: 小樽商科大学・大学会館1階「食堂ホール」

プログラム 第2日 9月10日(日)

午前の部

1.国際金融パネル < 9: 30~11: 30> 

A会場 (4号館1階160教室)
IMF改革と今後の課題
座長:明治大学 勝 悦子 氏

(1)IMFの中期戦略 ―グローバライゼーションへの対応 報告者:国際通貨基金アジア太平洋地域事務所長 有吉 章 氏
(2)エマージング諸国の台頭とIMFの役割報告者:日本銀行金融研究所 渡辺 賢一郎 氏
(3)国際金融市場の発展とIMFの役割 報告者:小樽商科大学 渋谷 浩 氏
2.自由論題 < 9: 30~11: 30> 

B会場 (3号館1階104教室) セッション:地域金融
座長:北海道大学 濱田康行 氏

(1)地銀の預貸利鞘と市場構造報告者:神戸大学大学院 石橋 尚平 氏
討論者:札幌学院大学 播磨谷 浩三 氏
(2)信用金庫合併の実際と今後の課題~彦根信用金庫と近江八幡信用金庫の合併を中心として~報告者:滋賀大学大学院 元持 敏雄 氏
討論者:株式会社 ABM 石川 清英 氏
(3)政府系金融機関融資は「借りにくい地域」へ適切に配分されているか?
~金融機関別・都道府県別データによる実証分析
報告者:財務省 中田 真佐男 氏、
財務省 安達 茂弘 氏
討論者:中央大学 根本 忠宣 氏

C会場 (3号館1階105教室) セッション:企業金融・ファイナンス (Ⅱ)
座長:慶應義塾大学 金子 隆 氏

(1)Control Transfer, Cash Holdings, and the Ownership Structure of the Target Firm報告者:近畿大学 小林 磨美 氏
討論者:神戸大学 畠田 敬 氏
(2)スモールローンの信用リスクの計測について報告者:金融工学研究所 宮本 道子 氏
討論者:中央大学 高橋 豊治 氏
(3)CRDデータベースからみた日本の中小企業金融の姿報告者:同志社大学 鹿野 嘉昭 氏
討論者:成城大学 村本 孜 氏

D会場 (3号館2階211教室) セッション:各国金融 (Ⅱ)
座長:滋賀大学 有馬 敏則 氏

(1)グローバル金融市場における住宅金融の変容と課題報告者:日本銀行 内田 真人 氏
討論者:九州大学 岩田 健治 氏
(2)地域密着を可能にする仕組みとは~米銀数の30%を占めるSコーポ銀の分析から~報告者:茨城大学 内田 聡 氏
討論者:神奈川大学 数阪 孝志 氏
(3)イギリスの金融市場改革と Secondary Banking Crisis報告者:千葉商科大学 清水 正昭 氏
討論者:成城大学 福光 寛 氏

E会場 (3号館2階213教室) セッション:金融政策 (Ⅱ)
座長:明治大学 金子 邦彦 氏

(1)日銀の国債オペレーションによるイールドカーブへの影響報告者:駒沢大学大学院 勝田 佳裕 氏
討論者:独協大学 斉藤 美彦 氏
(2)The Effects of Monetary Policy in Japan:An Empirical Study by FAVAR Approach報告者:広島大学大学院 任 維彤 氏
討論者:岩手県立大学 Tee Kian Heng 氏
(3)銀行貸出を通じた金融政策ショックの国際的な伝播:豪州とニュージーランドの場合報告者:龍谷大学 鈴木 智也 氏
討論者:秋田経済法科大学 宮崎 浩伸 氏
3.昼食 <11:30~ 12:30>

午後の部

4. 共通論題 <12:30~15:30>

A会場(4号館1階160教室) 新たなステージの地域金融   
座長:東北大学 鴨池 治 氏、九州大学 川波 洋一 氏

(1)全国版地銀CLO(沖縄方式)推進から見た地方金融機関の経営報告者:九州大学 小西 龍治 氏
(2)リレーションシップバンキングの機能強化の現状と次なる展開報告者:アビームコンサルティング 多胡 秀人 氏
(3)リレーションシップバンキング機能は強化されたか? -関西地域企業アンケートに基づく分析-報告者:名古屋大学 家森 信善 氏
(4)「金融危機」は地域金融をどう変えたか報告者:立教大学 山口 義行 氏
プログラム委員会名簿

秋葉 弘哉 (早稲田大学) 
大矢 繁夫 (小樽商科大学)
Mariusz Krawczyk (龍谷大学) 
首藤  恵 (早稲田大学)
谷川 寧彦 (早稲田大学)
日向野 幹也 (立教大学)
本多 佑三 (大阪大学)
宮越 龍義 (東北大学)
内田  滋 (長崎大学)
小川 英治 (一橋大学)
佐藤 政則 (麗澤大学)
高橋 豊治 (中央大学)
春井 久志 (関西学院大学)
藤野 次雄 (横浜市立大学)
宮尾 龍蔵 (神戸大学)
矢野 順治 (広島大学)

交通案内

新千歳空港から小樽まで
新千歳空港の地階にJR新千歳空港駅があります。小樽行きの快速は30分おきに出ています。所要時間は約70分、料金は1,740円です。

JR小樽駅から小樽商科大学まで

・タクシー
小樽駅の正面玄関を出て、左手にタクシーのりばがあります。所要時間は10分弱、料金は700円台です。

・バス
小樽駅の正面玄関を出て、右手にバスのりばがあります。北海道中央バス「⑲小樽商大」行き(「のりば➌」から発車)に乗車し、終点で下車してください。所要時間は約10分、料金は200円です。バスの時刻表は下記をご覧ください。